心の癒しと人生の謳歌に趣味は必要不可欠

趣味は、空気・水・食糧などのように、人が生活する上で最低限必要な物ではありません。
しかし、自分の人生を謳歌するために必要不可欠なものの一つといえます。

趣味は心の喜びや楽しみです。
時間を忘れ没頭することで、心の安らぎとなり心身に大きな効果を発揮します。
仕事をして衣食住を手に入れれば自分の寿命を全うできそうですが、健康は心の動きに大きく作用するところがあります。
健康生活の観点から考えると、趣味は生きる上で最低限必要な物ともいえなくもありません。
現代のストレス社会において趣味の持つ役割はとても大きいといえます。

趣味には家庭菜園や洋裁、盆栽、料理、ジョギングなど一般的な物だけでも数え切れないほどの種類があります。
自分が本当に好きで興味があるものであれば何でも大丈夫です。
逆に趣味を持とうという意思だけ、また形だけの趣味であれば、長続きしないだけではなく心の安らぎまでは至りません。

趣味はストレス社会を生き抜く上で必要な物だと多くの人は考えていますが、仕事に時間を取られて趣味の時間を持てない人や自分にとって何が趣味と呼べるのかわからない人が多いのも現実です。
方言で「あきやすのすきやす」という言葉がありますが、なんでもすぐに興味を持つがすぐに飽きるというその行為こそ、自分にとって必要な趣味を探し求める姿だと考えられなくもありません。
子供のころの興味は大人になって趣味の一つとなり得、小さい頃からその興味に長く関わることで大きな技術の習得も可能です。